営業内容 取引条件 PROFILE OUTLINE会社概要 MATERIAL素材情報 COLLECTION・現反 NEWSニュース 個人情報保護方針 国外出張・語学 MAYUMI MAILメール ENOMOTO TEXTILE 榎本テキスタイル SHOP

Web制作

私はさまざまな事をあの歴史のある藤井毛織で諸先輩から叩き込まれました。 そして、膨大な毛織物の布地の資料を手に取り貪欲にお手本にさせて貰ったり して、今のトレンドと私なりの物作りの発想と時代の技術の向上や求められる ニーズの厳しさなどに、私自身成長させて頂いたと思っております。 もう、皆様の良くお知りの通り私の大好きだった藤井毛織は倒産して無くなり ました。私は藤井毛織の最後のテキスタイルデザイナーとして、頑張りました。 最終的には、私自身、身体を壊す事と成り限界まで戦いました。 私が最後まで戦った理由には、日本の毛織物が終わりを向かえかけている事に 日本の危機を感じずにはいられなかったのです。これまで付き合いの有った取 引先の工場さん達、その工場の街全体の稼動を止めてはいけないと、頑張りま した。なぜなら、私はこの業界の人達が大切だからです。 輸入物も良いのでしょうが、私はメイドインジャパンに今こそ誇りを持つべきで あると思うからです。日本にどれだけの世界最先端の技術を持った職人さん達が 居るでしょう。生産競争が価格競争に変えられてしまっている事に早く気ずいて 欲しいと思います。何より大切な事は日本で最高の物作りをする事です。 そのかけがえの無い職人の技術を残して行く事がヨーロッパの様な伝統産業に変 化して行く瞬間だと思います。価格競争の為だけの輸入に頼るだけで市場を構成 するのでは無く、良い物作りの伝統産業に変化させ、輸出に転化させてこそヨー ロッパに並ぶ産業に変化したと言えると思います。 当時日本でも、ヨーロッパの良い物が高くても購入した様に私達日本人も今こそ ヨーロッパに並ぶ伝統産業に変化させる時代なのです。 私はまだまだ、そのチャンスが日本にあると信じます。 私はまた新たにこの業界にチャレンジして行こうと思います。今こそ皆様のお付 き合いが大切だと切に感じております。 これまでお付き合いの有った企業様、新たにお付き合いの方よろしくお願い致し ます。 プロフィール 神戸芸術工科大学 プロダクトデザイン学科 ファッションデザインコース テキスタイルデザイン専攻 卒業 藤井毛織梶@ 瀧定大阪梶@ フジイコーポレーション梶E・・元藤井毛織 フジイテックスに社名変更後も勤務 PROFILE TEXTILE ENOMOTO MAYUMI DESIGNER ENOMOTO TEXTILE Copyright(C)2009 ENOMOTO TEXTILE Allrights reserved.
inserted by FC2 system